WiMAX

WiMAXがおすすめしないと言われるのはなぜ?主な原因はこの5つ

「WiMAXって評判が悪いの?」

「WiMAXがおすすめされない理由は?」

ポケット型Wi-Fiではおなじみとなっている『WiMAX』ですが、評判が悪いと言われていたりおすすめされない
のはなぜなのでしょうか。

この記事では、WiMAXの評判が悪い理由やデメリットになる原因、WiMAXの利用が合っている場合やWiMAX以外のポケット型Wi-Fiなどを解説していきます。

こちらを参考に、WiMAXを賢く選んでお得に使えるようにしましょう。

この記事でわかること
・WiMAXの評判が悪い5つの理由
・WiMAXがおすすめ・おすすめしない人の特徴
・料金が安いポケット型Wi-Fi

\当サイトおすすめのプロバイダ 3選/

サービス名

 

GMOとくとくBB

Broad WiMAX

Broad WiMAX ロゴ

カシモWiMAX

月額料金(税込)・初月~2ヶ月目:1,474円
・3ヶ月目~35ヶ月目:3,784円
・初月:1,397円
・2ヶ月目~:3,883円
・初月:1,408円
・2ヶ月目~:4,378円
端末代金550円/月(36回)一括払い:21,780円(税込)
分割払い:605円(税込)×36回
605円/月(36回)
契約期間なしなしなし
詳細GMOとくとくBBの詳細を見るBroad WiMAXの詳細を見るカシモWiMAXの詳細を見る
  1. 【結論】WiMAXの評判が悪いのはなぜ?おすすめしないと言われる5つの理由
    1. 理論値と実測値に大きな差がある
    2. 提供エリアに限りがある
    3. データ容量が無制限では使えない
    4. 契約の縛り期間が長い
    5. 純粋に料金が高い
  2. WiMAXをおすすめしないのはこんな人|利用がデメリットになる人の特徴
    1. WiMAXの対象エリアに住んでいない人
    2. 同時接続端末数が多い人
    3. ゲーム用途での契約を考えている人
  3. WiMAXはこんな人にはおすすめできる|利用がメリットになる人の特徴
    1. 通信速度の速いポケット型Wi-Fiを契約したい人
    2. 光回線の工事が自宅でできない人
    3. 短期間で大量のデータ通信を行わない人
  4. WiMAXはおすすめしないというのは半分嘘|失敗しない選び方は?
    1. 料金体系は明確になっているか
    2. キャンペーンが充実しているか
    3. 店頭でも契約することが可能か
  5. 安く使いたい場合はWiMAXはおすすめしない|安く使えるポケット型Wi-Fiは?
    1. 縛りなしWi-Fi:選択できるプランが多い
    2. THE Wi-Fi:月間100GB使えるクラウドSIM型Wi-Fi
    3. ゼウスWi-Fi:Wキャンペーン中でお得に使える
  6. WiMAXはおすすめしないと言われることに関するよくある質問は?
    1. wimaxが遅すぎるんだけど対処法はある?
    2. wimaxを解約したいんだけどどうすればいい?
    3. WiMAX以外でおすすめしないと言われるWi-Fi回線は他に何がある?
  7. まとめ:WiMAXは用途に合わなければおすすめしない|軽い利用なら他を選ぼう

【結論】WiMAXの評判が悪いのはなぜ?おすすめしないと言われる5つの理由

【結論】WiMAXの評判が悪いのはなぜ?おすすめしないと言われる5つの理由

 

WiMAXの評判が悪いのはなぜなのでしょうか。ここでは、WiMAXがおすすめされない理由を紹介していきます。

ポイントは以下のとおりです。

理論値と実測値に大きな差がある

まずは、理論値と実測値に大きな差が見られるというWiMAXの通信速度に関する点です。

理論値とは、技術規格上の最大通信速度のことをいいます。端末の性能や、利用できる電波の種類などから理論値が公式情報として表記されていることが多いです。

実測値とは、実際のユーザーが通信速度を測定した数値です。

実際の通信速度は、その時の環境や時間帯などによって変動してしまいますが、多くの計測情報があればあるほど信ぴょう性の高いものとして参考にできます。

それでは、2022年2月時点でWiMAXの最新機種である『Speed Wi-Fi 5G X11』の理論値と実測値を比較してみましょう。

Speed Wi-Fi 5G X11の速度下り(ダウンロード)速度上り(アップロード)速度
理論値2.7Gbps(2,700Mbps)183Mbps
実測値(直近3ヶ月486件の平均値)44.76Mbps9.65Mbps

参照サイト:みんなのネット回線速度

上記の表からわかるように、理論値と実測値で大きな差があることが確認できます。

公式情報を鵜呑みにしてしまうと、思っていた速度では使えないといったことになるので注意が必要ですね。

提供エリアに限りがある

WiMAXが提供している電波は、5G対応の『WiMAX+5G』と旧型5G未対応の『WiMAX2+』と2種類あります。

どちらもWiMAXが独自に展開している回線であり、『WiMAX2+』については人口カバー率99%となっていますが、5G対応の『WiMAX+5G』はまだまだ限定的です。

WiMAXの最新機種を購入し、最大速度2Gbps以上の電波が使いたいと思っても使えないといったことが起こり得ます。

下記サイトで提供エリアを確認することができるので、検討する際は確認するようにしましょう。

対応サービスエリア|UQ WiMAX(wifi/ルーター)【公式】
UQ WiMAXの公式サイトです。WiMAX(ルーター)のサービスエリアマップ、WiMAX 2+のピンポイントエリア判定。即日開通!今日から使えるwifiで、家でも外でもインターネット可能。ワイヤレスだから配線ナシ。ケーブル不要でお部屋スッキリ!

データ容量が無制限では使えない

WiMAX回線(ギガ放題プラス)は月間データ容量については無制限ですが、3日間で15GB以上使うと翌日から速度制限がかけられます。

こういったことから、実質無制限という表記で紹介されることが多いです。

ですがこの点については、2022年2月1日から規約が変更され3日間15GBの速度制限が撤廃されました。

『一定期間内に大量のデータ通信をすると制限される場合がある』といった内容に変わったため、月間データ容量については無制限になったと考えてもよいでしょう。

旧プランである『ギガ放題WiMAX2+』については、3日間10GBの速度制限が引き続き適用されています。

契約の縛り期間が長い

WiMAXの契約期間については利用するプロバイダによって違いますが、どのプロバイダについても2〜3年の契約期間が設定されたプランが多いです。

1〜2年以内の利用を考えている方にとっては、契約期間が長く途中解約してしまうと違約金が発生してしまうパターンが多いので向いていません。

純粋に料金が高い

WiMAXの基本月額料金は、他社モバイル回線と比較すると少し割高となっています。

ギガ放題とギガ放題プラスで選択できるプランが2種類しかなく、細かいニーズに合わせることが難しいので料金が高くなってしまいます。

当サイトおすすめのWiMAXはこちら

WiMAXをおすすめしないのはこんな人|利用がデメリットになる人の特徴

WiMAXをおすすめしないのはこんな人|利用がデメリットになる人の特徴

ここではWiMAXをおすすめしないのはどういった人なのかを解説していきます。

紹介する主な内容は以下のとおりです。

WiMAXの対象エリアに住んでいない人

まずは、WiMAX回線の対象エリアに住んでいない人です。

前の項目でも紹介した、最大速度2Gbps以上のWiMAX+5Gが使えるエリアはまだまだ限定的です。

4GLTEのエリアはかなり広いですが、通信速度についてはそこまで期待できないので注意しましょう。

同時接続端末数が多い人

同時接続端末数が多い人についても、WiMAXはおすすめできません。

回線の速度や端末の性能を考えると、複数同時接続するとさらに速度が低下することが考えられるためです。

同時接続台数が多い人は、光回線での利用であれば安定した通信が期待できます。

ゲーム用途での契約を考えている人

オンラインゲームでの利用をメインに考えている方についても、WiMAXは推奨できません。

WiMAXの最新機種でも平均速度約40Mbpsとなっており、オンラインゲームで重要とされるping値も高い傾向があるためラグが発生してしまう可能性が高いです。

オンラインゲームがメインの場合も、光回線での利用をおすすめします。

当サイトおすすめのWiMAXはこちら

WiMAXはこんな人にはおすすめできる|利用がメリットになる人の特徴

WiMAXはこんな人にはおすすめできる|利用がメリットになる人の特徴

それでは、WiMAXがおすすめできる人はどういった場合なのかを紹介していきます。

WiMAXをおすすめしたい人は以下のとおりです。

通信速度の速いポケット型Wi-Fiを契約したい人

まずは通信速度の速いポケット型Wi-Fiが利用したい人です。

最初の項目では、理論値と実測値で差があることを解説しましたが、実測値で平均下り速度40Mbps以上でるポケット型Wi-Fiはまだまだ少ないのが現状です。

料金が比較的安価なクラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiは、平均10Mbps前後のプロバイダが多く速度面は期待できないものとなっています。

通信速度ができるだけ速く、持ち運びができるポケット型Wi-Fiが使いたい人はWiMAXがおすすめです。

光回線の工事が自宅でできない人

光回線の工事ができない場合の人にもWiMAXはおすすめです。

光回線が利用できないパターンは、マンションなど集合住宅にお住まいで設備が光回線に対応していない場合や、提供エリア外で光回線の工事が不可である場合などが考えられます。

そういったときは、モバイル回線を導入するしかないので、なるべく通信速度が速いWiMAXがおすすめといえます。

WiMAXであれば、工事の必要もなく端末が届いたその日からWi-Fi接続が可能になるので導入も早く簡単です。

短期間で大量のデータ通信を行わない人

短期間で大量のデータ通信を行わない人ついても、WiMAXがおすすめです。

最新プラン『ギガ放題プラス』の規約が2022年2月1日から変更され速度制限の条件が『一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合』になりました。

大量のデータ通信とは一体どれくらいなのかが、具体的にはまだわかりませんが相当量の通信であることが考えられます。

一日中オンラインゲームや高画質動画を観る期間が数日以上あるなど、そういった場合以外はWiMAXの利用をおすすめできるといえるでしょう。

当サイトおすすめのWiMAXはこちら

WiMAXはおすすめしないというのは半分嘘|失敗しない選び方は?

WiMAXはおすすめしないというのは半分嘘|失敗しない選び方は?

それでは、上記の内容をふまえて失敗しないWiMAXの選び方を紹介していきます。

選び方の概要は以下のとおりです。

料金体系は明確になっているか

WiMAXは現在数多くのプロバイダが販売を行っています。

どのプロバイダで契約しても、WiMAX自体は同じ内容のため通信速度などに差はありません。

違う点は、料金体系となっています。プロバイダがそれぞれの月額料金や契約期間を設定しているので、ニーズに合ったプロバイダを選択するようにしましょう。

キャンペーンが充実しているか

WiMAXを販売しているプロバイダでは、それぞれが多種多様なキャンペーンを展開しています。

キャンペーン内容は、現金キャッシュバックや月額料金の割引、他社解約時の違約金負担など内容は様々あります。

月額料金とあわせて考えて、一番お得になるプロバイダで契約することをおすすめします。

店頭でも契約することが可能か

WiMAXプロバイダの一つである『ヨドバシWiMAX』は、ヨドバシカメラ店頭でも契約が可能です。

販売員から直接案内を受けることができるので、ネットだけは不安である場合などはこういった店頭での契約を検討してみましょう。

ちなみにスマホでおなじみの『auショップ』でも契約ができますが、キャンペーン内容に乏しいのであまりおすすめはできません。

当サイトおすすめのWiMAXはこちら

安く使いたい場合はWiMAXはおすすめしない|安く使えるポケット型Wi-Fiは?

安く使いたい場合はWiMAXはおすすめしない|安く使えるポケット型Wi-Fiは?

ここではなるべく月額料金を抑えて、ポケット型Wi-Fiを使いたい方に向けておすすめの回線を紹介していきます。

紹介するポケット型Wi-Fiは以下のとおりです。

下記はそれぞれの基本情報などをまとめた表になります。

回線名縛りなしWi-Fi
THE Wi-Fi
THE WiFi 表用
ゼウスWi-Fi
月額料金2,926円〜3,073円980円〜
実質速度下り:26.43Mbps下り:27.4Mbps下り:16.96Mbps
データ容量40〜60GB/月100GB/月20〜100GB/月
キャンペーン縛りなしギガプラン割引4ヶ月0円キャンペーン3ヶ月割引
1年間ギガプレゼント

縛りなしWi-Fi:選択できるプランが多い

縛りなしWi-Fiは、数多くのプランから選んでポケット型Wi-Fiを使うことができるサービスとなっています。

主なプラン内容は以下のとおりです。

契約期間スタンダード(40GB/月)メガ(50GB/月)ギガ(60GB/月)
縛りなしプラン3,366円3,575円3,630円(通常4,200円)
1年プラン3,190円3,278円3,300円
3年プラン2,926円3,025円3,080円

このような料金体系となっており、契約期間を伸ばせば伸ばすほど月額料金も安くなるといった特徴があります。

ですので、数ヶ月から1年間だけWi-Fiが欲しいといった細かいニーズにも対応することが可能です。

なるべく安くWi-Fiが使いたい、限られた期間だけ必要といった方には特におすすめのポケット型Wi-Fiです。

THE Wi-Fi:月間100GB使えるクラウドSIM型Wi-Fi

THEWi-Fiは、月間で100GB使えるクラウドSIM採用のポケット型Wi-Fiです。

クラウドSIMとは、物理的なSIMカードではなくサーバー上にあるSIM情報を使って通信をします。

国内で使えるキャリアはドコモ・au・ソフトバンクですので繋がりやすいことに定評がありますが、手動でキャリアを選択することはできないので注意しましょう。

海外での利用についても、別途手続きの必要なく電源を入れるだけでWi-Fiが使えるようになるので海外利用が多い方には特におすすめです。

ゼウスWi-Fi:Wキャンペーン中でお得に使える

ゼウスWi-Fiは、THEWi-Fiと同じくクラウドSIMを使ったポケット型Wi-Fiサービスです。

THEWi-Fiと違う点は、料金プランが多く用意されていることです。

プラン名ギガ並盛(20GB)ギガ大盛(40GB)ギガ特盛(100GB)
スタンダード(2年契約)1〜3ヶ月:980円
4ヶ月以降:2,178円
1〜3ヶ月:1,680円
4ヶ月以降:2,948円
1〜3ヶ月:3,278円
4ヶ月以降:3,828円
フリー(縛りなし)2,618円3,278円4,708円

このように契約期間とデータ容量をそれぞれ選ぶことができるので、ある程度のニーズにあわせて契約することができます。

スタンダードプランについては、キャンペーンが2種類展開されています。

・3ヶ月割引キャンペーン
・1年間毎月ギガプレゼント(20GBプラン+5GB、40・100GBプラン+10GB)

クラウドSIMでプランを選んで使いたい場合は、ゼウスWi-Fiがおすすめです。

WiMAXはおすすめしないと言われることに関するよくある質問は?

WiMAXはおすすめしないと言われることに関するよくある質問は?

ここでは、WiMAXはおすすめしないことに関するよくある質問をまとめていきます。

主な質問内容は以下のとおりです。

wimaxが遅すぎるんだけど対処法はある?

WiMAXの通信速度が遅い場合は、以下のことを試してみましょう。

・端末を窓際に置く
・設定をハイパフォーマンスモードに変更する
・周波数やチャンネル設定を変更する

WiMAXはモバイル回線なので、スマホと同じように電波をキャッチしてWi-Fiを使うので屋内での利用ではなるべく窓際に近い方が通信が安定します。

ハイパフォーマンスモードは、端末から設定することができ通信が速くなる可能性がありますがバッテリーの減りも早くなるので外出中などでは注意して利用しましょう。

周波数とは、以下のような種類と特徴があるので、使う場所や環境によって変更すると改善する可能性があります。

周波数2.4GHz5GHz
通信速度遅い速い
障害物強い弱い
電波干渉弱い強い

チャンネルについても設定から変えられるので、改善しない場合は確認するようにしましょう。

wimaxを解約したいんだけどどうすればいい?

WiMAXを解約したい場合は、契約したプロバイダに解約を申し込む必要があります。

解約方法や更新月、解約金などは各プロバイダによって違うので、それぞれ確認するようにしましょう。

WiMAX以外でおすすめしないと言われるWi-Fi回線は他に何がある?

WiMAX以外でおすすめしないWi-Fi回線については、ニーズに合っていない回線を選択してしまうことです。

例えば、キャッシュバックなどキャンペーン内容だけでWi-Fiを契約してしまうと、月額料金が高すぎたりデータ容量が多すぎたりなど最終的に損をしてしまうことが考えられます。

現在ポケット型Wi-Fiは、幅広く様々な種類のものが販売されているのでプラン内容や利用回線などをしっかり確認してから申し込むことをおすすめします。

当サイトおすすめのWiMAXはこちら

まとめ:WiMAXは用途に合わなければおすすめしない|軽い利用なら他を選ぼう

まとめ:WiMAXは用途に合わなければおすすめしない|軽い利用なら他を選ぼう

この記事では、WiMAXがおすすめできない理由について解説しました。

おさえておきたいポイントは以下のとおりです。

・WiMAXは理論値と実測値に差がある
・提供エリアが限定的
・ポケット型Wi-Fiでは速度が速い
・料金体系やキャンペーンなどが充実したプロバイダがおすすめ

WiMAXは、提供エリアが限定的で基本料金が割高となっていますが、ポケット型Wi-Fiの中では高速でありプロバイダを上手に選ぶことでお得に利用することができます。

ポケット型Wi-Fiをなるべく料金を抑えて使いたい場合や、月間データ容量がそこまで必要ない場合はWiMAXではなくクラウドSIMなどのポケット型Wi-Fiをおすすめします。

利用用途にあったポケット型Wi-Fiを使って、快適にインターネットを使いましょう。

当サイトおすすめのWiMAXはこちら