wifiWiMAXルーター

一人暮らしにおすすめな安いWi-Fi15選-本当におすすめなのはこれだけ-

一人暮らしを始めたいんだけどWi-Fi環境に悩んでいるんだよね。どれを契約すれば良いのかわからないな。

一人暮らしに最適なWi-Fiは選び方にコツがあります。しっかり理解した上で検討を進めましょう。

一人暮らしをきっかけにWi-Fiの導入を検討する人も少なくないでしょう。スマホのデータ量を消費せずにインターネット通信が利用できる、さらにパソコンなども快適に使えるので、インターネットが普及している現代にとっては必須事項ともいえるかもしれませんね。

通信費用を安くしたいと考えてはいるものの、安いだけで内容が自分の状況と合致していないものを契約すると後悔してしまう結果になるでしょう。Wi-Fiを扱っている事業者は数が多いので、どれを選択すれば良いのかという判断はかなり難しいですよね。

自分の状況や環境に合ったものを選択しなければならないので、適当に決めてしまうのはかなり危険です。

そこで今回は、一人暮らしにおすすめの安いWi-Fiを15個紹介します。自分の状況と照らし合わせて最適なものがあるかチェックしてみてくださいね。

ゼロ縛りWi-FiZEUSWi-FiAiR-Wi-FiTHE WiFi縛られないWiFi
通信速度下り最大150Mbps
上り最大150Mbps
下り最大150Mbps
上り最大150Mbps
下り最大150Mbps
上り最大150Mbps
下り最大150Mbps
上り最大150Mbps
下り最大150Mbps
上り最大150Mbps
月額料金30GB
縛りなし3,300円
縛りあり
2,805円
50GB
縛りなし3,850円
縛りあり
3,355円
70GB
縛りなし
4,180円
縛りあり
3,685円
20GB
縛りなし2,618円
縛りあり980円(半年以降は2,178円)
40GB
縛りなし
3,278円
縛りあり
1,480円(半年以降は2,948円)
100GB
縛りなし
4,708円
縛りあり
1,980円(半年以降は3,828円)
100GB
3,278円
1GBまで1,298円
5GBまで1,628円
20GBまで
2,068円
40GBまで
2,596円
100GBまで3,960円100GBプラン
3,119円
WiMAXプラン4,620円
クラウド30GBプラン3,190円
クラウド50GBプラン
3,740円
縛り期間縛りなしもしくは1年縛りなしもしくは2年縛りなしもしくは1年2年なし

一人暮らしにおすすめな安いWiFiは3種類ー種類ごとの特徴は?ー

一人暮らしにおすすめな安いWiFiは3種類ー種類ごとの特徴は?ー

一人暮らしにおすすめの安いWi-Fiは大きく分けて3種類あります。それぞれの違いをしっかり理解するところから選定は始めなければなりません。

まずはそれぞれの詳細を確認し、違いを理解しましょう。

それぞれの特徴を把握し、選定に役立ててくださいね。

ポケット型WiFi

ポケット型Wi-Fiは自宅だけでなく外出先でも使える使い勝手が良いアイテムになります。充電式のアイテムなので、コンセントなどを確保する必要がないので、かなり重宝するでしょう。

また、工事などの面倒な手続きは一切必要ありません。端末が手元に届き次第すぐに利用を開始できます。

工事費用などがかからないのはもちろん、申し込みから利用開始までほとんど待つ必要はありません。2日〜1週間程度で手元に届くので、急いでいるという人も安心できますね。

しかし、ポケット型Wi-Fiはサービス提供エリアが定められているので、エリアから出てしまうと通信が途切れてしまう可能性があります。地下やトンネルの中などは回線自体が弱まる傾向にあるので、注意が必要ですね。

自宅だけでなく外出先でも使える便利な携帯型Wi-Fiです。

モバイルWiMAX

モバイルWiMAXは携帯できるWiMAXです。WiMAX回線はエリアが大手キャリアよりも限定されているものの、通信速度はかなり高い水準を誇っています。

そのため、ポケット型Wi-Fiを利用して速度がもの足りず、モバイルWiMAXに乗り換えたというケースも少なくありません。動画の視聴やSNSの閲覧はもちろん、サービス提供エリア内であれば動画編集やオンラインゲームにも十分対応可能です。

移動している途中で回線が途切れてしまった場合、通信も切れてしまいますが、どの点を加味したとしてもかなり優秀なWi-Fiだといえるでしょう。

WiMAX回線の対応エリア内で多く活動しているという人におすすめのWi-Fiです。

ホームルーター

ホームルーターは自宅でコンセントに挿して使う置き型Wi-Fiです。ポケット型Wi-Fiと違い、持ち運びを前提としていないので基本的には自宅やオフィスなど限定的な場所のみでの利用になるでしょう。

工事などは必要ないので工事費用はかからず、申し込みから利用までにかかる期間もかなり短くなります。すぐに利用を開始したいという場合も問題はないでしょう。

ホームルータもまた対応しているエリアがあるので契約に進む前に確認しておかなくてはなりません。エリアに対応しているようであれば、導入を検討しても問題ないでしょう。

ポケット型Wi-Fiよりも若干通信感度が良く、安定感もあります。自宅のみでWi-Fiを利用する人で、重たいゲームなどを楽しむという人はホームルーターを検討するのが良いでしょう。

ホームルーターはコンセントに挿して使うものなので、充電を機にする必要はありません。

一人暮らし用の安いWiFi15選ー種類ごとのおすすめWiFiはどれ?ー

一人暮らし用の安いWiFi15選ー種類ごとのおすすめWiFiはどれ?ー

一人暮らし用の場合、気になるのは性能やプラン、料金ですよね。ここでは各種類ごとに料金の詳細やおすすめのWi-Fiを紹介しています。

自分の利用条件と合致するものがあるかどうか、確認してみてくださいね。

利用状況や条件を確認し、合致するものを探しましょう。

ポケット型WiFi

ポケット型Wi-Fiは自宅だけでなく外出先でも使えるWi-Fiになります。契約する事業者やプランごとに料金や使えるデータ量が異なるので、よく確認しておきましょう。

ゼロ縛りWi-FiZEUSWi-FiAiR-Wi-FiTHE WiFi縛られないWiFi
通信速度下り最大150Mbps
上り最大150Mbps
下り最大150Mbps
上り最大150Mbps
下り最大150Mbps
上り最大150Mbps
下り最大150Mbps
上り最大150Mbps
下り最大150Mbps
上り最大150Mbps
月額料金30GB
縛りなし3,300円
縛りあり
2,805円
50GB
縛りなし3,850円
縛りあり
3,355円
70GB
縛りなし
4,180円
縛りあり
3,685円
20GB
縛りなし2,618円
縛りあり980円(半年以降は2,178円)
40GB
縛りなし
3,278円
縛りあり
1,480円(半年以降は2,948円)
100GB
縛りなし
4,708円
縛りあり
1,980円(半年以降は3,828円)
100GB
3,278円
1GBまで1,298円
5GBまで1,628円
20GBまで
2,068円
40GBまで
2,596円
100GBまで3,960円100GBプラン
3,119円
WiMAXプラン4,620円
クラウド30GBプラン3,190円
クラウド50GBプラン
3,740円
縛り期間縛りなしもしくは1年縛りなしもしくは2年縛りなしもしくは1年2年なし
違約金2,805円月額料金1ヶ月分2,970円9,800円なし
データ通信量30~70GB20~100GB100GB1~100GB30GB~ギガ放題

以下で各詳細を紹介しているので、気になるものがあるかチェックしてみましょう。

自分の好みのものがあるか確認してみましょう。

ゼロ縛りWi-Fi:縛りなしとありを選べる

ゼロ縛りWi-Fi:縛りなしとありを選べる

縛りの有無を選択できる使い勝手の良いWi-Fiです。どの程度の期間使うのかわからない、もしくは短期間の利用であれば縛りなしを、長期的に利用したいと考えている場合は縛りありを選択しましょう。

また、一日あたりの利用制限は設けられていません。仮に一日で10GB使ってしまったという場合でもプランで規定されているデータ量内であれば速度制限などをかけられずに済みます。日によって利用するデータ量にばらつきがあるという人も安心できますね。

データ量は30GB、50GB、70GBの三種類になります。月間のデータ量がどの程度になるのか、予想してプランを決めるのが良いでしょう。

また、申し込みから最短2日で手元に端末が届きます。端末が届き次第すぎに利用を開始させられるので、利用開始したいタイミングからあまり時間がないという人にも最適だといえるでしょう。

好みに応じて選択できるのはありがたいですよね。

ZEUSWi-Fi:超ハイコスパのポケット型 Wi-Fiサービス

超ハイコスパのポケット型 Wi-Fiサービス

ZEUS Wi-Fiはポケット型Wi-Fiの中でも特に人気がある事業者です。20GB980円から利用できるなど、そのコストの良さは業界トップクラスといえるでしょう。

また、契約期間がない方が良いという人はフリープランという選択肢もあります。月額料金は若干上がってしまいますが、違約金を気にせずいつでも解約が可能に。

どの程度の期間利用するかわからない、短期間だけ利用したいという場合に最適ですね。好みに応じてプランを選択できるという点もZEUSWi-Fiのメリットといえるでしょう。

また、規定データ量は20GB~100GBとかなり広い範囲に設定されています。どの程度のデータ量使いたいのかを確認し、最適なプランを選択しましょう。

規定データを早い段階で使い切ってしまった場合、おかわりGIGAというデータ量の追加が適用可能です。2GB550円、5GB1,100円、10GB1,980円で用意されているので、足りなくなってしまっても問題はないでしょう。

かなり安く使えるのでコスト面を強く意識する人に最適です。

AiR-Wi-Fi:30日間お試しモニターでお得に試せる

AiR-Wi-Fi:30日間お試しモニターでお得に試せる

AiR Wi-Fiは30日間お試しモニターを実施している便利な Wi-Fi事業者です。 Wi-Fiを契約するのが初めてという場合、本当に使い勝手が良いのか不安になるという場合も少なくないでしょう。

AiR Wi-Fiの場合、30日間のお試しキャンペーンを用意しているので、Wi-Fiがある生活が本当に便利なのか無料で確認できます。 Wi-Fi初心者の人は、利用を検討するのが良いでしょう。

また、利用できる容量は100GBとかなり大容量なので、ヘビーユーザーの人も問題はないでしょう。100GBプランのみになっているので迷ってしまう心配もありません。

さらに契約期間なく使いたい場合は、月額330円のオプションを合わせて申し込みましょう。違約金を気にせず好きなだけ使えるのでかなりおすすめです。

契約期間はオプション追加で無くせます。安心して好きなだけ利用できますね。

THE WiFi:少量ユーザーもヘビーユーザーも満足できる

THE WiFi:少量ユーザーもヘビーユーザーも満足できる

THE WiFiは二つのプランを用意しています。100GBが使える100GBプランと、従量課金制を採用しているFiTプランの二種類になります。

100GB程度あった方が安心、もしくはヘビーユーザーという人は100GBプランを選択するのが良いでしょう。しかし、毎月どのくらいのデータを消費するのかわからない、もしくは数GB程度しか使わない月があるという人はFiTプランを検討するのがおすすめです。

利用した容量に応じて料金が変動するプランと、100GBの大容量がついているプランのどちらかが選択できるのはかなりありがたいですよね。自分が普段利用しているデータ量がどの程度になるのかを確認し、最適なものを選択するようにしましょう。

また、最短即日発送に対応しているので手元に届くまでにかかる時間もかなり短めになります。すぐに利用を開始したいという人も安心できますね。

従量課金制度を採用している事業者はかなり珍しいといえるでしょう。

縛られないWiFi:契約期間がないフリーなWi-Fiサービス

縛られないWiFi:契約期間がないフリーなWi-Fiサービス

縛られない Wi-Fiはその名の通り、契約期間を設けていないWi-Fiサービスになります。契約期間の縛りがないので、好きな期間だけ利用が可能で、かなり重宝するでしょう。

プランはWiMAX、もしくは30GB、70GBの3種類で、WiMAXプランを選択した場合、データ量の上限はありません。それ以外のプランを選択する場合はデータ量上限が規定されているので、自分が使うであろうデータ量と合わせて検討を進めるのが良いでしょう。

さらに平日14時までであれば最短即日発送に対応しています。手元に届くまでにかかる時間がかなり短いので、すぐに利用を開始したいという人に最適ですね。

また、充電器のレンタルもキャンペーンの適用で無料になります。充電器を有料にしている事業者も少なくないのでかなりありがたいですよね。少しでもコストを抑えたいと考えている人にオススメのWi-Fiです。

即日発送に対応しているのはありがたいですよね。

モバイルWiMAX

モバイルWiMAXは外出先でも使える携帯可能なWiMAX回線になります。通信速度はかなり速いですが、エリアが若干狭いという欠点を持っています。

Vision WiMAX5G CONNECTBIGLOBE WiMAXGMOとくとくBBカシモWiMAX
通信速度下り最大2.7Gbps
上り最大
183Mbps
下り最大2.7Gbps
上り最大
183Mbps
下り最大2.7Gbps
上り最大
183Mbps
下り最大2.7Gbps
上り最大
183Mbps
下り最大2.7Gbps
上り最大
183Mbps
月額料金サービス開始月2,970円
1~24ヶ月
4,103円
25ヶ月目以降
4,785円
3,718円1ヶ月目2,079円
2ヶ月目以降4,268円
24ヶ月目まで3,553円
25~35ヶ月
4,103円
36ヶ月以降
4,708円
4,378円
違約金なし端末本体代金の残債(24ヶ月-利用月数)×850円なし契約後1~24ヶ月目で解約した場合は違約金が24,800円、25ヶ月目~契約更新月までに解約した場合は10,450円なし
縛り期間なし2年、もしくはなしなし2年なし

以下で各詳細を紹介しているので、気になるものがあるかチェックしてみましょう。

エリアは若干狭くなっていますが、都市部在住の人であれば通信エリアの狭さを感じることはあまりないといえるでしょう。

Vision WiMAX:サポートが充実しているので安心して利用できる

Vision WiMAX:サポートが充実しているので安心して利用できる

Vision WiMAXは通信速度が速いWiMAXを扱っているサービス事業者です。1600万件のレンタル実績があるので、業界内でもトップクラスの人気を誇っているといえるでしょう。

最短即日発送が可能で工事も当然必要ありません。拠点を東と西に二箇所持っているので他社よりも比較的早く胃手元に届くでしょう。

申し込みから手元に届くまでにかかる時間が短く済むのでかなりありがたいですよね。急にWi-Fi環境を整える場合でも重宝するでしょう。

のはもちろんですが、充実のサポート体制が大きなメリットといえます。サポートは充実の三種類で基本保証、ワイド保証、デラックス保証が用意されています。

それぞれ330円、605円、935円という金額に設定されているので内容を確認し、自分に合っているものを選択するようにしましょう。

東と西に2拠点持っているので手元に届くまでにかかる時間がかなり短い傾向にあります。

5G CONNECT:土日祝日でも即日発送に対応している

5G CONNECT:土日祝日でも即日発送に対応している

5G CONNECTは WiMAX事業者の中でもトップクラスの安さを誇っています。価格が安いのはもちろん、最長で30日間の無料モニター制度を用意しているので無料でWiMAXを試すことも可能に。

WiMAX回線は他社の回線と比較するとそこまでエリアが広いとはいえません。都市部であれば問題はないかもしれませんが、地方に在住している人は使えないという可能性も捨てきれないでしょう。

WiMAXが使えるのか不安、もしくはWiMAXが自分の生活エリアで使った場合にどうなのかを確認したいという人にも最適です。

また、WiMAX端末は高額な端末料を請求されるのが一般的ですが、こちらの事業者に関しては端末料金を無料にしています。レンタルにはなりますが、かなりコストダウンになりますよね。

さらに土日祝日も即日発送に対応しています。土日に対応している事業者はまあり多くないのでかなりありがたいですよね。

土日祝日でも即日発送に対応しているのはありがたいですよね。

BIGLOBE WiMAX:契約期間がないからお得に使える

BIGLOBE WiMAX:契約期間がないからお得に使える

大手企業として知られているBIGLOBEが運営しているWiMAXサービスです。大手企業との契約なので、不安なく安心して進められますよね。

月額料金はWiMAXの中でもトップクラスに安く設定されています。コストを意識する人でも満足できるでしょう。料金がかなりお得に設定されているという点はもちろん、auユーザーに対するスマホセット割引も用意しています。

auスマホ1台に対して毎月1,100円の割引が発生するので、auユーザーの人はかなりお得に利用できますよね。auユーザーの人で少しでも安くWiMAXを利用したいと考えている人は、こちらの事業者を検討するのが良いでしょう。

大手企業が運営しているっていうだけで安心感がありますよね。

GMOとくとくBB:乗り換えの場合最大49,000円キャッシュバック

GMOとくとくBB:乗り換えの場合最大49,000円キャッシュバック

GMOが運営しているWiMAXサービスです。大手企業が運営しているので、かなり信用できますよね。

オリコン顧客満足度2年連続1位に輝いている事業者なので、ユーザーからの満足度が高いことがわかります。聞いたことがあるような知名度の高い事業者、なおかつ満足のいく内容で契約したいと考えている人でも問題はないでしょう。

さらに他社から乗り換えの場合、最大49,000円のキャッシュバックを実施しています。49,000円という超高額上限なので、多くの場合違約金をしっかり補填できるでしょう。

平日は15;30まで、土日祝日は14:00までであれば即日発送対応が可能です。土日も即日発送に対応しているのはかなりありがたいですよね。

できるだけコストを抑えて、すぐに利用したいという人は検討してみましょう。

高額なキャンペーンを頻繁に実施しているので気になる人はチェックしてみましょう。

カシモWiMAX:月額料金がずっと変わらないシンプルな事業者

カシモWiMAX:月額料金がずっと変わらないシンプルな事業者

カシモWiMAXは月額料金が途中で変わってしまうということがない、シンプルでわかりやすいプランを用意しています。料金は比較的安く設定されているので、かなり良心的だといえますよね。

さらに必須加入オプションなども一切ありません。WiMAXを初めて利用する場合もプランやオプションに迷わされて困ってしまうという心配はほとんどないでしょう。

さらに、カシモWiMAXでは契約期間の縛りが設けられていません。好きな期間だけ使えるので、どの程度の期間利用するかわからない、もしくは短期間の利用で考えているという場合も問題ないですね。

またカシモWiMAXでは端末を返却した場合に適用される5,000円分のAmazonギフト券のプレゼントキャンペーンを実施しています。WiMAX端末が解約後必要ないという場合は、返却キャンペーンを活用すると良いでしょう。

シンプルなプラン設定なので初心者でも迷うことなく契約を進められるでしょう。

ホームルーター

ホームルーターは自宅やオフィスなど限定的な場所でのみの利用を想定した端末になります。コンセントがあれば利用できるので、工事はもちろん充電の手間もありません。

SoftBank Air5G CONNECTGMOとくとくBBモバレコAirドコモhome5G
通信速度下り最大962Mbps下り最大2.7Gbps下り最大2.7Gbps下り最大962Mbps下り最大4.2Gbps
月額料金12ヶ月目まで3,080円
13ヶ月目以降5,368円
3,718円24ヶ月目まで3,553円
25~35ヶ月
4,103円
36ヶ月以降
4,708円
1~2か月目:2,167円
3~24ヵ月目:3,679円
25か月目以降:5,368円
4,950円
違約金10,450円端末本体代金の残債(24ヶ月-利用月数)×850円契約後1~24ヶ月目で解約した場合は違約金が24,800円、25ヶ月目~契約更新月までに解約した場合は10,450円10,450円なし
縛り期間2年2年、もしくはなし2年2年なし

以下で各詳細を紹介しているので、気になるものがあるか確認してみましょう。

ホームルーターは各社の違いがかなり大きいので、しっかり確認しておいてくださいね。

SoftBank Air:ソフトバンクユーザーに最適なWi-Fi事業者

SoftBank Air:ソフトバンクユーザーに最適なWi-Fi事業者

ソフトバンクが運営しているホームルーターです。知名度が高く運営次席が長いので聞いたことがあるという人も少なくないでしょう。

コンセントに挿すだけで簡単に立ち上げられるなど、機能面に関しては非常に優秀だといえます。ソフトバンク回線が利用できるエリアに限定されているので、自宅が範囲内になっているかどうか確認しておくと良いでしょう。

また、ソフトバンクが運営しているサービスなので、ソフトバンクユーザーに対して手厚い割引を用意しています。ソフトバンクスマホ1台あたり毎月1,100円の割引が適用されます。

一年間で10,000円以上の割引になるのでかなり大きいですよね。ソフトバンクユーザーでホームルーターを検討している人はソフトバンクエアー を検討するのが良いでしょう。

一番知名度があるホームルーターです。

5G CONNECT:格安でWiMAX回線のホームルーターが使える

5G CONNECT:格安でWiMAX回線のホームルーターが使える

5GCONNECTは格安でWiMAX回線のホームルーターが利用できます。少しでも安くWiMAX回線のホームルーターが使ってみたいという人に最適ですね。

最大通信速度は2.7Gbpsとかなり高い水準になっています。WiMAX回線を使用しているので大手キャリアを使用したものと比較するとエリアは限られますが、エリア内に自宅が該当していた場合はかなり快適に使えるでしょう。

さらに、WiMAXのポケット型Wi-Fiと同様に30日間の無料お試しキャンペーンに対応しています。ホームルーターを実際に使ってみたいと考えている人は、こちらの利用を検討してみましょう。

また、土日祝日も即日発送に対応しています。申し込みからすぐに使い始めたいという人も満足できるでしょう。

WiMAX回線を利用しているホームルーターが割安で使えます。

GMOとくとくBB:GMOが提供するレンタルサービス

GMOとくとくBB:GMOが提供するレンタルサービス

GMOが運営しているWi-Fiレンタルサービスです。ポケット型WiMAXだけでなくホームルーターにも対応しています。

料金の安さ以上にキャンペーンが手厚く、かなり高額なキャッシュバックを用意しているケースも珍しくありません。

また、5Gに対応している機器をレンタルできるので、5Gエリアに該当している場合かなりの速度を発揮するでしょう。現在5Gのエリアに該当していない場合も、今後順次拡大していく通信なので、契約期間中に使えるようになる可能性があります。

WiMAX回線はエリアの狭さが欠点として知られていますが、au4GLTEとau5Gに対応しているホームルーターであれば十分カバーできるでしょう。

狭いエリアをしっかりカバーできるので非常に頼もしいですよね。

モバレコAir:ソフトバンクエアを格安でレンタルできる

モバレコAir:ソフトバンクエアを格安でレンタルできる

ソフトバンクエアーを格安で利用したいと考えている人にはモバレコエアーがおすすめです。ソフトバンクでレンタルするよりも安く契約できるので、かなりお得ですよね。

月額料金の安さは業界でもトップクラスだといえるでしょう。扱っている端末はソフトバンクエアそのものなので、かなりお得ですよね。

端末の購入とレンタルを選択できるという点も大きなポイントです。予算に応じて好みな方を選択するのが良いでしょう。

安くソフトバンクエアーを利用したいのであればモバレコAiRがおすすめです。

ドコモhome5G:ホームルータートップクラスの超高速通信

ドコモhome5G:ホームルータートップクラスの超高速通信

ドコモが提供しているhome5Gは最大4.2Gbpsの通信が可能です。他社のホームルーターと比較するとその差は歴然ですよね。

最大速度になるので常に出るわけではありませんが、4.2Gbpsはかなり高い水準だといえるでしょう。ホームルーターにも速度を期待したいと考えている人に最適です。

また大手企業として知られているドコモが運営しているホームルーターサービスなので、安心して利用できます。この点もかなりポイントが高いですよね。

さらに、ドコモユーザーに対してスマホ1台あたり月額最大1,100円の割引を用意しています。ドコモhome5Gは月額料金が若干高めに設定されていますが、ドコモユーザーの人であればお得に契約できるでしょう。

ホームルーターでも速度を強く重視したいという人に最適です。

一人暮らし用の安いWiFiはどれを選ぶべき?ー後悔しない選び方ー

一人暮らし用の安いWiFiはどれを選ぶべき?ー後悔しない選び方ー

一人暮らしを始める際に正しい選び方を知らずにWi-Fiを選んでしまうと、契約後に後悔してしまう結果になるかもしれません。正しい選び方を知り、自分にあっているものをしっかり選択する必要があります。

ここでは一人暮らし用の安いWi-Fiの選び方をご紹介します。以下の内容を参考にして、自分に合っているものを適切に選択してくださいね。

以下の内容を参考にして選定方法を理解しましょう。

総額の料金で比較する

Wi-Fiを選定する際に欠かせないのが料金になります。料金といっても重要なのは月額料金ではなく支払い総額だということをまずは理解しましょう。

キャンペーンなどの内容も加味した上で、契約期間に発生するすべての支払い金額の合計で比較するのが最も正しい計算になります。月額料金が安かったとしてもキャンペーンなどを加味したら他社よりも割高だったというケースも少なくありません。

できるだけ安く契約したいと考えるのであれば月額料金だけでなく支払い総額にしっかり目を向けましょう。

Wi-Fiを選定する際には月額料金ではなく、支払い総額をしっかり確認しましょう。

使用可能なデータ量で比較する

データ量は申し込む事業者、もしくはプランによって異なります。自分がどの程度のデータを利用するのか、しっかり確認した上でプランを決定しましょう。

データが足りなくなってしまった場合、途中での追加を用意している事業者がほとんどです。しかし、追加するデータは割高に設定されているのであまり得策とはいえないでしょう。

少しでもお得に契約したいと考えるのであれば、自分の使いたい量をしっかり網羅しているプランを選択することに他なりません。自分の利用したいデータ量を考え、適切なものを選択してくださいね。

自分が使いたい分のデータに見合ったものを選定してくださいね。

回線速度で比較する

回線速度に関しても契約する事業者や取扱回線、利用する端末によって異なります。SNSの閲覧や動画の視聴程度であればそこまで通信速度を必要としませんが、オンラインゲームや動画編集などを楽しむ場合は注意しなければなりません。

回線速度はベストエフォート方式のものは公式サイトに、実測値に関しては実測値を記載しているサイトなどに記されています。重たい作業をする場合が多いという人は、速度もしっかり意識しましょう。

回線速度が速い場合、インターネット通信に対するストレスはかなり軽減されるでしょう。

利用する場所で比較する

利用する場所によっても最適なものは異なります。都市部在住の人であれば、回線の選択肢はかなり広いといえるでしょう。エリアが狭いと言われているWiMAX回線でさえもほとんどの場所で入ると考えられます。

都市部の場合、エリアではなく回線速度を重視するのが良いでしょう。

地方在住の人は大手キャリアの回線を利用したものを候補にあげるのがオススメ。大手キャリアの回線を使用したものはエリアが広いので、地方に強い傾向にあります。

どんな場所で利用するのかによって気をつけなくてはならない点が異なるので、十分注意しましょう。

自分が利用する場所はどのような特徴があるのか、確認してみましょう。

契約期間で比較する

契約期間は契約する事業者やプランによって異なります。利用する期間が決まっている人はその期間に適しているものを、決まっていないという人は契約期間がないものを選択するのがおすすめ。

長期利用前提としているWi-Fiを契約し、数ヶ月程度で解約するとかなり高額な違約金を請求されてしまう可能性があります。そうならないように利用したい期間と合致するものを選択してくださいね。

契約期間なしをオプションで追加できる場合もあるのでよく確認しましょう。

一人暮らし用の安いWiFiに関するよくある質問は?

一人暮らし用の安いWiFiに関するよくある質問は?

一人暮らし用の安いWi-Fiに関するよくある質問をご紹介します。疑問点や不明な点が解消する可能性があるので、申し込みの前に必ず目を通しておきましょう。

以下の内容を確認し、Wi-Fi環境に関しての参考にしてくださいね。

以下の内容に目を通しておくと良いでしょう。

一人暮らしにWiFiは本当に必要?

一人暮らしにWi-Fiが必要なのかどうかはその人の生活環境によります。自宅と会社や学校の往復が主でインターネットを使ったとしてもLINEなどのメッセージアプリのみという場合は必要ないでしょう。

しかし、動画を視聴したりゲームを楽しんだりという可能性があるのであればWi-Fiを用意した方が良いといえます。特にリモート会議やリモート授業などは想像以上にデータ量を消費するものなので、注意が必要ですね。

自分の状況によって異なるので、よく考えた上で検討を進めましょう。

一人暮らしだからというよりは生活の中でどの程度インターネットを利用するノアによって決まるといえるでしょう。

一人暮らしのWiFi料金の相場は?

Wi-Fiの料金はホームルーターなのかポケット型Wi-Fiなのかによって違いはあるものの、3,000円〜5,000円の間になります。どこで解約するのか、またどれを選択するのかによって異なりますが、この程度の予算は確保しておいた方が良いでしょう。

毎月発生する支払いになるので、少しでも安いものを選定しましょう。

一人暮らしの仕様通信量の目安は?

一人暮らしの人の場合、通信費はスマホと総額で10,000円程度になります。スマホの料金が6,000円くらいと考えると、Wi-Fiだけの料金は4,000円が相場だといえますね。

しかし、ポケット型Wi-Fiを持つ場合、自宅や外出先問わずWi-Fi環境下にい続けることになります。その結果スマホのプランを下げ、結果的に通信料の速学が大幅に安くなったというケースも少なくありません。

通信費の総額が10,000円程度になるよう、うまく調整するのが良いでしょう。

Wi-Fi単体ではなく、あくまでも支払い総額で考えるのが良いでしょう。

まとめ:一人暮らし用のWi-Fiは安いもので十分-用途で比較して合うものを選ぼう-

一人暮らしのWi-Fiは安いもので十分だといえるでしょう。毎月の通信費はかなり減らしやすいポイントなので、出来るだけ安いものを選択するのがおすすめです。

少しでも安く使えるように月額料金だけでなく総額料金でしっかり比較するようにしましょう。